合計所得金額

あ〜すっかり更新があいてしまいました。冷や汗

今日は合計所得金額についてです。

「合計所得金額」、聞きなれない言葉だと思います。

合計所得金額とは

純損失、居住用財産の買換え等をした場合の譲渡損失、特定居住用財産の譲渡損失及び
純損失の繰越控除を適用しないで計算した総所得金額、

分離短期譲渡所得の金額(特別控除前)分離長期譲渡所得金額(特別控除前)

株式等に係る譲渡所得等の金額(株式等に係る譲渡損失の繰越控除
及び特定株式に係る譲渡損失の繰越控除の特例の適用前の金額)

先物取引に係る雑所得等の金額(先物取引に係る差金等決済に係る
損失の繰越控除適用前の金額)

山林所得金額(特別控除後)、及び退職所得金額(1/2後)の合計額
をいいます。


 → なんのこっちゃ!?ですよね。


簡単に言うと、損失の繰越控除や譲渡所得での特別控除(例えば、居住用の3000万円の特別控除)などを
考慮する前のその方の所得の合計額です。


そして、この合計所得金額が38万円以下に要件がなっている
ものがあります。


代表的でおなじみなものに、配偶者控除、扶養控除があります。

この合計所得金額が38円以下になっていないと
配偶者控除や扶養控除の対象者にはならないのです

今日は、難しかったのでここまで。
続きは明日に。ピピピ


 → blog人気ランキング クリックお願いします! 

  → 福本貴子税理士事務所はこちら  


関連する記事
コメント
? 先生 難しいです... 要は38万円以下ならいいんですよね
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM