少額減価償却資産

今日は少額減価償却資産の取得費即時損金算入についてです。

1 中小企業者などが、取得価額が30万円未満である減価償却資産を
平成15年4月1日から平成18年3月31日までの間に取得などして

事業の用に供した場合で、その事業の用に供した日を含む事業年度に
おいて取得価額の全額を損金経理したときは、その損金経理をした金額は損金の額に算入されます。


2 対象法人

 この特例の対象となる法人は、青色申告法人である中小企業者又は農業協同組合等に限られます。

という規定があったのですが、今回それが延長されることに
なりました。

しか〜し、上限が決められてしまい年間300万までが対象です。
そして、平成18年度から平成20年3月31日までに取得する減価償却資産について適用されます。

結構、この規定、実務では使えたんですね。

例えば、新規にお店を開業するような場合
いろいろ、備品が必要になります。

その際、経理上では出来るだけ早く費用として
計上したいんですね。

お金が出てるのに、費用に出来ないのは
痛いんです〜。

その点、30万未満の資産なら支出した期の費用として
計上できていました。

それが今回の改正で300万円までとなりました。

300万円超えるようなら、2期にわたって購入するような事も
考えないといけませんよね。

面倒くさいぞ!へんな上限つけるなよ〜が私の本音です〜びっくり






関連する記事
コメント
なるほど!
こういう仕組みで、いつも工事金額を30万円以下になるようにしてくれといわれていたのか〜 見積をそのたびに作り替えさせられてました... これももうなくなるのか!少しうれしい
kabi-otokoさん、300万まではまだありますからね。
がんばってくださいよ!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM