源泉徴収

今日は源泉徴収についてです。

5月1日より新しい会社法の施行になりますが、
それにともない、法人を作られる方も多いと思います。

個人と法人いろいろ違いはあると思いますが、
その中の一つとして、法人から給与を出す事が挙げられると思います。

言い換えると、個人事業者の場合は個人事業者ご本人に対して
給料を出しません。

しか〜し、法人の場合は、法人から社長(一人会社を前提に書いてます)
に給料を出す事になります。


そこで、忘れてはいけないのが源泉徴収

源泉徴収とは

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度支払金額に応じた所得税を差し引くことになっています。
 そして、差し引いた所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月の10日までに国に納めなければなりません。
 (国税庁HPより)
注:半年に1度の納付で良い場合もあります。

忘れると痛〜い不納付加算税や延滞税をしっかり取られますので、
ご注意くださいね!ムニョムニョ



関連する記事
コメント
おじゃまします
おいら知らなかったんですよ この前設計士から請求書が来た時に、源泉徴収代が引かれていて ???だったので調べたら、先生のかかれたことだったんですね〜 少し分かりました
そうなんです。ちゃんと税金を前払いして
国は取り損ねないようにしているんですよ。

「不納付加算税」

これって、ヤミ金なみですよね(^_^;)

一日遅れただけでも10%なんですから。。。
高いですよね〜。
預金の金利はこんなに低いのに!!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM