外部情報の収集2

みなさん、こんにちは!

確定申告で更新があいてしまいました。

今日は前回の続き「外部情報の収集」その中でも前回は、占有率のお話で終わっていましたね。

占有率をどのように考えるのか?


一倉先生がおっしゃっているのは、

市場で一流になるためには占有率を確保しなければならない」ということだとおっしゃっています。

占有率30%を確保することができなければ一流ではない→一流になることができないような新市場はやっても意味がない。


それでもやりたい場合は、市場を細分化して、30%を確保できる地域に限定するもしくは商品を限定する必要がある。

ということです。つまり、「その商品なら○○ね」と行って貰える様に
しなければいけないよという事ですよね。

一流にならなければ、生き残れない。


となると、どこでそれが可能なのか考えないといけない→外部の情報は100%入手することはできないけれど、常に気をつけておかないといけない

といった流れになるのだと思います。


おそるべし!外部情報。





コメント
イワタニさん、こんにちは。

前回もコメント頂いてたのにお返事遅くなってすみませんでした。

勉強するまでは、市場占有率ってまったく考えていなかったんです(恥ずかしい!!)

で、市場を知るためには結局外部の状況を把握するしかないって流れになるんですよね。確かに、戦う相手をしらないで
突っ込むって無茶ですよね。撃沈されるのがオチです。
  • ママさん税理士
  • 2009/03/17 5:10 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM