稲盛和夫さんの実学kara

今日は、ちょっと方向転換して京セラの稲盛和夫さんの実学から思ったことを書きます。2〜3ヶ月前に読んだ本ですがサブタイトルが「経営と会計」となっています。



内容は簡単に言うと、



1.経営者が数字がわからんでどうするんだ!→経営の結果は数字で表されるのに分からないとは何事だ!!

2.数字を利用した全員経営 ということとだと思います。

では、、みなさん!簿記って何だと思います?

簿って言うのは、物事を記録しておくために紙をとじた冊子、帳面と言う意味がある漢字です。次に記って言うのは書いて残すと言うことです。ちなみに事実をしるすものという意味もあります。

つまり、物事を記録して残すということなんですよね。そして、会社で言えば、お金の動きに合わせて取引を記入していくことになります。

そのルールが 簿記。たとえば 、お酒屋が売るためのビールを買ってきた。となると

この取引を分解すると、ものを買ってきた、仕入れたいう行為とお金を支払ったという行為に分解できます。それを記号的にあらわすと次のようになります。

(借) 仕入  500 /  (貸) 現金 500 ←左が、取引を表して、右がお金の動きを表しています。

このように、お金の動く取引を一定のルールで記録することが簿記では仕訳をすると言います。

逆にこの仕訳をみると、どんな取引をいくらでおこなったのかが分かるのですね。会社の取引はこれ以外にもいろいろあります。そんな取引を記録する手段が簿記となるわけです。

私も、こんなことあたりまえやん!と思っていたのですが、会社の取引・行為を正しく記録して集計するためには、工夫が必要なんですね。

簿記から会社の状態を判断するためには、逆に会社の取引行為をきっちりあらわせるようにしてあげないといけないと言うことです。

というのも、別に期末になって領収書、や通帳をみて一生懸命、会計ソフトに入力して(簿記の仕訳をして)作り上げることはできます。

でも、それで意味あるの?と言うことです。また、適正な会計基準が真の会社の状況をあらわしているのか?というとそうではない部分もあるわけです。

じゃぁ、どうするの?ということになるわけです。稲盛さんの言葉で言うと

「原理原則に従って物事の本質を追求して、人間として何が正しいかで判断する」

まだまだ、工夫のしがいがありそうですね。

おまけ:税理士と言う職業をしながら、簿記って何?って聞かれたときにすぐに答えられなかったんですが(なさけない)、それから今やっている仕事を見つめなおすことができました。

お〜感謝!!




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM