外注か内製か?

今日は、「外注か内製か?」といったテーマで書いてみようと思います。

外注のほうが有利なのか?内作の方が有利なのか?

もちろんいろいろな場合があるので一概に言えない部分もあるでしょう。

しかし、今日は外注のメリットを考えてみましょう。

私が勉強させていただいている市倉先生は、もちろん外注

理由は、コストが安いこととリスクが低い ことです。


外注と内作の割合は、最低でも 外注が2 内作が1
「多ければ多いほどよい」と言っておられます。
ようは、どこでもできることを会社内部でするなと言うことなんですよね。

「そんな馬鹿らしいことはない」と言い切っています。

私も言い切りたい!!!というのはおいておいて、
では、例を出してみましょう。

ある部品Aを作ると考えた場合、

外注では、1個120円するとします。

内作の場合、

原材料費が60円とします。おっ内作のほうが安いやんと考えたあなた!まだまだ、お金が必要になるんですよ。

たとえば、この部品を作るための装置代も必要になるかもしれません。
また、この部品を作るための人件費も発生してくるでしょう。

人件費が発生すると、社会保険料や福利厚生費も発生してきますね。

それでも、外注よりも安いかもしれません。しかし、この部品がいらなくなった場合、どうするのか?といったところまで考えているのかどうか?

装置や人をすぐにはじめから無かったもののようにすることは出来ませんよね。となると、リスクが高いんですね。

そうなると、内作は、原材料費+装置代+人件費+リスクとなってしまって外注費より高くなってきます。

こうなってくると、どこでも出来る仕事は外注に任せて
特殊なこと、会社にとってコアになることだけを自社内でするという考え方はとても大切な考え方になるわけです。てれちゃう








売り上げ=価格×数量

今日は、売り上げ=価格×数量といったお話です。


売り上げ=価格×数量 当たり前ですよね。

私も当たり前だと思っていました。しかし、ちょっと分解してみると
面白いことも分かるんですよ。モゴモゴ


たとえば、年間の売り上げが1000万(一人当たり5,000円×2,000人)の会社があったします。

なんとか売り上げを1500万にしたいと考えています。!


1000万から1500万というと約1.5倍ですよね。

まずは、

_然覆鮠紊欧襪海箸鮃佑┐泙靴拭

すると、一人当たり5,000円から7,500円に上げないといけないことになります。
5,000×1.5=7,500×2,000=1,500万となるからです。

⊆,法⊃与瑤鯀やすことを考えました。
すると、2,000人を3,000人まで増やす必要があります。

2,000×1.5倍=3,000人×5,000=1,500万ですからね。


では、価格と人数を二つとも増やすことを考えましょう。
この場合、同じ割合で増やすと考えると√1.5と考えるので

価格も、人数も 約1.22倍ずつ増やす必要があることになります。

言い換えると、1.22×1.22≒1.48 約1.5倍になりますよね。

つまり、価格は5,000×1.22=6,100円
人数は2000×1.22=2,440人

6,100×2,440=14,884,000円となるわけです。

年間で2000人に売っていたものを2,440人。1ヶ月あたり36人。

毎日営業していると考えると1日1人から1.5人増やすことが目標になるわけです。

1.5倍というと、とてもハードルが高そうですが、分解してみると
実現できそうな目標になってきますよね。ニコニコ

当たり前に思っていることを、分解して考えてみるということって
サービスとか経営にとって大事なんだなと最近つくづく思っています。




あねご通信

今日は、事務所の発行紙「あねご通信」についてです。(あねご通信をクリック下さい!)

不定期ですが、事務所通信なるものを発行しています。

HPでは、昨日付けでアップしているのですがこちらにもちょっとご紹介!

やっと発行できました!!今回は、いろいろお世話になっている山下義弘先生の出版記念インタビューです。

「売り込まなくてもトップ営業になれる」を元に先生ご自身をインタビューしています。その本がこちら↓




その他、パソコン修理会社 ニュートレンドテクノロジー株式会社のご紹介、



行政書士北谷先生のコラム、ワクワクチラシ製作所の上林さんのコラムなど

盛りだくさん!是非一度読んでみてくださいね!てれちゃう










単品では事業になりにくい

今日は「単品では事業になりにくい」からです。

といっても、これは私が言ってるのではなく
一倉先生がおっしゃっていたことなんですが、

新商品を開発したとしても、その商品が単品だけなら、事業にはなりにくいということなんです。


言い換えると、売れないということです。


理由は、一つは、販売チャンネルがないところではおいそれと売れないということ。もう一つは陳腐化です。


単品で商売になるのは、既にある商品郡に新たな戦力を加える場合。

つまり、世の中にない商品を売り出そうとしても簡単には販売できないということ。モゴモゴ

それよりも今ある商品の欠陥だったり顧客のニーズを掴む方が良いということなんですよね。
ついつい、新しいものに目が行きがちだけど、今ある商品のサービスを見直す、お客様のニーズに常に気を配るといったことがとても重要だということです。ラブラブ

耳が痛い言葉です。販売できなければ意味がない!ということかな。みなさんは、いかがですか?たらーっ






フェアトレード゙商品・マザーハウス

今日はフェアトレード゙商品を扱っている「マザーハウス」のご紹介です。


フェアトレードとは、貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップのことを言います。(People treeのHPより)

そんな、フェアトレード商品を扱っているのがマザーハウスという会社です。

マザーハウスでは、発展途上国におけるアパレル製品及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売 を行っています。

マザーハウスの考え方に共感して、東京に行った友人にお願いをして購入してきてもらいました。

それがこちらです。



実際、私が購入したのはこちらのオレンジ。横が約20cm縦15cm幅8.5cmぐらいです。


現物を見ないで、購入することはめったにしないのですが、モゴモゴ
東京しかお店がないので、思い切って購入しました。

予想以上に、ジュートがやわらかく、さわりごごちも良いですし、
(麻と聞くと、ちょっとごわごわしているイメージが私の中ではありました)

写真では分かりにくいのですが、中生地の模様と使いやすいようにポケットがあることなど使い勝手を良く考えている設計だと思います。


ちょっと困っているのは、ついつい何でも入れてしまうので
重たくなってしまうことです(笑)たらーっ


出来るところから貢献していきたいと思っているので
良い商品にめぐりあえたなって思っています。ニコニコ






アロマキャンドル

今日は「アロマキャンドル」についてです。


最近、結構はまっているアロマキャンドルです。


机において、香りを楽しんでいます。

その、アロマキャンドルなんですが
ひとつ、心配しながら使っていたアロマキャンドルがあるんです。

それが、こちら→

非常に大きくて高さ約11センチ、直径11.5センチの大型キャンドルです。

火をつけたときから、周りまで溶けるのかな?と嫌な予感はしていましたが残念ながら、こんな状態で終わってしまいました。たらーっ




思わず、お店に連絡してしまいました。
正直、これが普通なのか、これだけがおかしかったのか聞きたかったのです。

聞いたところ、これと同じサイズの他の商品も同じように終わるそうです。(小さいサイズは大丈夫ですよ)

これって、商品としてどうなの?」とすごく疑問に思いました。たらーっ

担当者の方はとても丁寧に対応していただいたのでそれは良かったのですが、釈然としてしまう気持ちは残りました。

だって、このまま廃棄も出来ませんしね・・・・。モゴモゴ

ということで、小さなキャンドルの上にロウを削って使っています。

ちゃんと、自分達で試作して売り出したのかな大きく疑問に思ってしまいました。

売り出す前には、試作研究、テスト販売がとても重要です。

ついつい、うれしくて、大々的に販売しようとしますが始めは
小さく用意周到にはじめるのがやはり常套手段ですよね。たらーっ

私自身も気をつけないといけないなと感じました。
皆様も、気をつけてくださいね。



西宮ガーデンズ

今日は「阪急西宮ガーデンズ」についてです!

行ってきました、阪急西宮ガーデンズ。今日までがプレオープンだったのですが視察に行ってきました。

阪急西宮ガーデンズとは、兵庫県西宮市の阪急西宮球状跡地にできた商業施設です。

阪急百貨店と専門店街、イズミヤ、TOHOシネコンが入っています。

私の第一印象は、良くも悪くも阪急色かなと思いました。阪急色というと分かりにくいのですが、つまり高級志向。

テナント料も売上の○○%らしいので、支払えるお店が入ったといううわさも聞きました。確かに、チェーン展開している店がほとんどだと思います。

というか、個人では入れない!多分というかきっと・・・。

飲食店もどちらかというと割高感があります。
今日は11時半ぐらいから主婦層の方がたくさん並んでいましたけれどね。
毎日となると、高いよねというのが私の感想です。


本音を言うと、きれいだけど面白みがないなというところです。

あとは、どれだけ店員でサービスできるのか?!というところかな。

そう思うと、まだまだ個人店だって工夫のやりよう(サービス)で
大型店に対抗できると思うし、お客様の支持は得れるのではないのでしょうか?(真っ向から勝負は出来ませんけどね。)
チェーン店には出来ないサービスがあると思う。

最終的には人から買うんですからね〜。


ちなみに、銀座かねまつの店員さんは、これでもかってぐらい試着させてもらえて良かったですよ。専門店化は、小規模になればなるほどおススメですね。









お客さま第一

今日は「お客さま第一」についてです。


ことばで書くと簡単ですが、

お客様が何を求めていて、

何を買ってもらっているのか?

サービスならどんなサービスに満足しているのか?


を考えることはとても大切なことだと思います。

というのも、最近会社がどちらを向いているのかを気にするようにしているのですが、会社本位のところがとても多いような気がするからです。


というのも、某銀行から「他の銀行からの引き出しが多いから少なくして」というようなお手紙が来たのです。サービスの一つとして集客しておきながら、業績が悪くなってきたので少なくしてとは、ちょっとあきれました。

それならはじめから、残額に応じてとか、設定してくれていたら良かったのにと思います。ぶー


と、ちょっと批判めいたことを書きましたが、自分自身もそうならないように、十分に気をつけないといけませんよね。たらーっ




巨大ゆず?!

今日は「巨大ゆず」についてです。

ゆずを仲良くしていただいている社長様から頂きました。
こちらの店を経営されています。

ガーデンガーデン」という園芸店です。


で、巨大ゆずですが、切ってしまったので、ちょっと分かりにくいのですが
これです。
 

大きさ比較の為、グレープフルーツを一緒に撮っています。




ゆずの大きさは、通常の約2倍はあるかという大きさです。

「お風呂に入れるといいよ〜」といわれて

「えっ、このまま?」と本気で聞いてしまいました。

「二つぐらいに切って!!」

「・・・・」恥ずかしい!!


家でお風呂に入れました。香りがとても気持ちよいです。
お風呂のふたを開けると良い香りが充満します。

最近、めっきり寒くなってきましたし、乾燥してきましたよね。

ちょっとお風呂に工夫をするだけで、ほっとします。ラブラブ

また、ちょっとした心遣いがとてもうれしかったです。私も見習います!ニコニコ









2度と行きたくない飲食店

こんにちは。今日は「2度と行きたくない飲食店」です。

私の体験で恐縮ですが、2度と行きたくない飲食店って
ありませんか?

結構そのあたり疎いので、どれもOKなんてところもあるのですが、

その私が、絶対行きたくないと思ったのは、

高級感をウリにしているにもかかわらず、汚れたスプーンを出してきたお店です。

高級ホテルが系列としているレストランなんですが、ランチで約1,500円から2,000円ぐらいが平均単価のお店です。

デザートのときに、生クリームが落ちていないスプーンが
出てきました。

言ってかえてもらったのですが、「はいはい」みたいに
言われてしまったので、更に更に怒り心頭です。ぶー

サービスサービスというけれど、まずは基本的なところが
出来ていないと舞台にも上がれませんよね。

どの仕事をとっても言えることだと思いました。

もうこんな店行きたくない!逆にこんなサービス良かったよというのがあったら是非、教えてくださいね。

お待ちしています。ラブラブ





calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM