土地の購入

今日は、「土地」についてです。

ビジネスにおいて、土地を購入することについて少し考えてみましょう!

土地を購入しないといけないような場合、
どのようにして資金を捻出するのか問題になると思うのですが、

資金の捻出方法としては

1、自己資金

2、借り入れ

3、出資を募る

4、社債

といったところでしょう。ただし、中小企業にとっては、3,4はなかなか難しいですよね。

その結果、1,2になるのでしょう。

この場合に、注意しないといけないことがあります!それは、土地は損益計算上、費用にならないということ。

現金(資産)が土地(資産)に変わっただけと考えるので費用科目ではないんですよね。

となると、もちろん借入金の返済だって費用ではありません。
と言うことは!!

返済する→利益が必要→税金も払う といった流れになるのです。

つまり、返済金額+返済金額×0.5(税金分)+利息 といったことになり

ぶっちゃけ、約1.5倍以上のお金を出してその土地を購入していることになってくるわけです。

これで、土地の価値が下がったりしたら・・・・。

本当にその土地を購入する必要がありますか?
借入金で土地を購入することについてはくれぐれも注意してくださいね。



価格とは?

今日は「価格」についてです。

お商売をしていて、難しいなって思うことがあります。それは価格の決め方です。モゴモゴ

市倉先生によると、 価格とは市場の相場とその商品の価値で決まる とおっしゃっておられます。

至極当たり前なんですが、じゃあ価値っていくらなの?となると以外に決めにくいのが現状です。私の場合は、高すぎないのかなって思いがちなんです。たらーっ


市場の相場は、探せば大体の金額は分かりますよね。

だけれど、その商品の価値ってどう測ればよいのでしょうか?

私が思うには、人それぞれで価値観が違うのでなんとも言えないのではないかということです。

自分でできる人に対して、高い値段を設定しても誰も申し込まないだろうし
もうせっぱつまって困っているという人になら、少々高くても申し込むだろうしということなんですよね。

相手の求めている価値に対して、どれだけ提供できるのかという間合いみたいなものを見極める必要がある。ムニョムニョ
となってくると、自分で売りたい相手を決めてその人へ価格と価値をアピールするしかないのかなとも最近は思っています。!


また、人は見比べて購入する習性があります。自分の決定を納得づけたいんですよね。そうなってくると、相場などを一緒に見せるとまた安心材料になってくるのでしょうね。

そのあたりの人の習性を見極めていくのが難しいところでもあり、商売の面白いところでもあるのかなと思っています。ラブラブ





ちょっと脱線

今日は、ちょっと脱線して「男嫌い?」についてです。

いつも、ビジネスネタになっているので、今日はちょっと笑い話(?)


決算を終わった某会社。

消費税の課税事業者になったことだし、今期はなんとしてもお金を残してもらいたい!!

そこで、「今年の目標作りましょう!」「お金の構造についてもっと一緒に考えましょうよ」としつこく言っていたのですが、どうも数字が苦手なご様子。

売り上げ上げれば何とかなるでしょ主義でお金を残すことにまで興味が言ってない。


そんなある日、奥様とお話をしていると
主人が「先生は男嫌いだな」と言っていましたよとの事!!

(内心)「なっなに〜〜!!」ぶー

確かに、奥様にビシバシ言っていたのが、奥様から伝わるからさらに発車がかかってビシバシ伝わっていたのかどうも男嫌いのレッテルを貼られてしまっていたようです。別に男嫌いではないのですが。(ちなみに今のぴか一は
松山ケンイチ君!かっこよいね=というのは置いといて・・・。)


聞いたときは内心トホホでした。
そんな怖いかねぇ・・・。
だから、会ってくれないのか〜。


やる気を引き出すのも難しいです。(ハイ・・・)たらーっ






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド
はじめての「独立・起業」なるほど成功ガイド (JUGEMレビュー »)
吉澤 大
実際の体験に基づき書かれていますので大変参考になります。独立・起業される方必見!

recommend

キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策
キャッシュレス、伝票レス、社員レス!ココまでできる経理の合理化―経理の人件費と作業時間が半分以下になる101の改善策 (JUGEMレビュー »)
児玉 尚彦
税理士としてどこまで経理業務を頼むのかいつも悩みます。そんな時に参考になった1冊です。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM